レイクなら180日間無利息でカードローンが利用できる!

レイク無利息ローン

カードローンというと、無担保で素早く融資を受けることが可能なサービスとして知られています。カードローンを行っている金融業者は数多くあり、その中でも知名度が高い消費者金融がレイクです。

 

大手の消費者金融では、初めての利用者向けの特典として無金利サービスを行っているところがあります。レイクもその消費者金融の中の1社で、初めてレイクのカードローンを使う人の場合には、2種類の無金利サービスが適用されます。

 

採用されている無金利サービスは、30日間以内に借り入れた金額を返済したときに利息の支払いをしなくても良くなるプランと、5万円分が180日無利息になるプランがあります。どちらのプランを選択したほうが、より一層お得カードローンが利用できるのかについては、それぞれの利用者ごとによって異なってきます。借り入れ金額と返済期間によって、どちらのプランを利用したらお得になるのか変わってくるために、レイクではホームページ上で返済シミュレーション機能が設置されています。自分の返済期間と借り入れ金額を入力することで、返済シミュレーション機能を使ってどちらのプランを使えばお得になるか調べることが可能です。

 

レイクは新生銀行の子会社として運営が行われていますので、銀行系の消費者金融という扱いになります。一般的な消費者金融では、貸金業法に基づいて融資が行われていますので、利用者の年収3分の1の金額を超えて借り入れをすることはできません。しかし、銀行のカードローンであれば、貸金業法に規定されている総量規制の適用を受けないために、年収3分の1以上の融資を受けることが可能になります。他社から融資を受けている合計金額が大きくなっている場合であっても、借り入れが可能になることが考えられますので、借り換え目的やおまとめローンとしてもおすすめのサービスと言えます。

 

借り入れの申込みができる年齢条件としても、他の消費者金融と比較したときに非常に幅広い条件が設定されています。年齢条件は満20歳以上〜70歳以下までとなっていますので、若者から高齢者まで利用しやすいサービスと言えます。審査では職業形態についても問われないために、アルバイトやパート、派遣社員、自営業者、外国人、年金受給者などの人が借り入れできます。女性にとって借り入れの相談を気軽に行える、レディースキャッシングの窓口も用意されていて、必ず女性のオペレーターが対応してくれるので安心です。

 

>>>新生銀行カードローン レイク』公式サイトはこちら

レイクでお金を借りるメリット

レイク無利息ローン

お金を借りるときに便利なのが、レイクです。様々なメリットがあるので、有利な条件でお金を借りることもできます。お金を借りる一番のメリットは、無利息期間があることです。

 

そもそも無利息期間とは、一定期間内に全額返済すれば、利息がゼロでお金を借りられるシステムです。もちろん期間内に全額返済しなくても、全く問題ありません。無利息期間が過ぎてしまっても、そこから利息は計算されるので、一般的なお金を借りる方法に比べるとお得になっています。

 

レイクにはこの無利息期間が、30日と180日の2種類あります。180日だと無利息期間に借りられる金額の上限は低くなりますが、他にはない長期間です。うまく活用すれば、お金を借りたのに一切の金利負担がなくなるので、大きなメリットです。

 

スピーディーに借りられる最短即日融資も、無利息期間と同じくメリットです。最近は銀行のカードローンなどでも、即日融資は増えてきました。しかし、実際に即日融資を受けるためには、口座が必要だったりして無理な場合が多々あります。レイクの場合は、口座を開設する必要はありません。店舗窓口や無人契約機で受け取ることができますし、口座振込の場合でもすでに開設している口座が使えます。急いでいるときには、とても便利なメリットです。

 

ただし、即日融資を受けるためには、平日の14時までに申し込みをしなければいけません。締め切り時刻を過ぎてしまうと、即日融資は受けられないので注意しましょう。最近は即日融資以外にも、ネットで申し込みできるカードローンが増えてきました。しかし、ネットで申し込みが可能でも、実際は郵送で書類のやり取りが必要なカードローンも少なくありません。

 

レイクの場合は、全ての申し込み手続きをネットで完結することが可能です。身分証明書のやり取りも、撮影して画像で送れば終わります。明細書も自宅に届かないようにできるので、スピーディーに手続きをしたい方や同居している家族にバレたくない方には、とても便利な申し込み方法と言えるでしょう。

 

借入後のメリットで大きいのは、ATM手数料が無料なところです。借入や返済時に使うことが多い提携先のATMも、手数料は一切かかりません。頻繁に借入や返済を繰り返す人ほど、メリットは大きくなるでしょう。

 

お金を借りるときにレイクを選べば、様々なメリットを享受できます。どれも便利で有利に借りられるメリットなので、利用者には嬉しいポイントです。

 

>>>新生銀行カードローン レイク』公式サイトはこちら

レイク契約までの具体的な流れとは?

さて、晴れて『お借り入れ診断』の返事も融資可能と出た場合、本申込みに移ります。

 

レイクWEB申込

STEP1:記入フォームに必要事項を入力していく

 

ここからは、HP画面上に沿って記入フォームに必要な内容を打ち込んでいきます。
申込み後、すぐに審査結果を伝えるメールが届きますので確認します。
ただし、年末年始を除く通常時の8:10〜21:50と、毎月第3日曜日の8:10〜19:00の時間帯での申込みの場合は、残念ながら審査結果は翌営業日になってしまうので、注意が必要です。

 

レイクWEB申込

STEP2:審査結果が出たら、必要書類をメール

 

続いて、審査結果のメールを確認します。
内容に問題がないようなら契約手続きに進み、振込先情報などの入力をします。
そして、本人確認書類をメールに添付して提出します。
この本人確認書類とは、免許証やパスポート、保険証など身分を証明できる書類のことで、これを送らなければなりません。

 

ここで一つ注意が必要!送ろうとしている本人確認書類に、現在の住所が明記されているかどうかということ。免許証の住所変更がされていなかったり、保険証に住所が記入されていなかったり。案外こうしたことを忘れている人が多いようなので、今一度確認が必要です。

 

レイクWEB申込

STEP3:指定口座への振込

 

あなたが指定した口座に振り込みがされます。
本人確認書類の確認が完了すると、指定した金融機関の口座へ振込みが行われます。
前出のように、平日14時までの申込み・必要書類確認の場合、即日の振込も可能です。

 

どうです?カンタンですよね。
ここまでのプロセスでは、誰一人とも会っていません。まだ二の足を踏んでいる人。ぜひ、前向きに検討してみたらいかがでしょう。

 

>>>新生銀行カードローン レイク』公式サイトはこちら

レイクがオススメなのはなぜか?その理由を徹底解説!

さて、数多いカードローン会社の中から、なぜレイクを選択する人が多いのか、メジャーな5社との比較をしてみたいと思います。
それぞれのカードローンが打ち出しているキーワードで気になるのは以下の3つ。

 

@初めての利用での無利息期間サービス
A審査から融資までの時間が短いこと
B返済と借り入れがいかにスムーズであるかということ

 

このあたりをポイントに、まずは各社のサービス内容を見ていくことにしましょう。

 

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクは、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへ。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。
安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資!

 

[レイクのここがポイント!]
・2つの無利息期間サービスから選べる。
・即時審査、即日振込可能。最短40分融資。
・PC、スマホでの申し込みで来店不要。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済が完結。
・セブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。
・アルバイトやパート、主婦でも安定収入があれば利用可能。

プロミス

三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。三井住友銀行のローン契約機を使えるメリットなどがある。
プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。
職業や年収などの制限はない。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

[プロミスのここがポイント!]
・初回、契約日から30日間無利息。
・審査時間最短30分、最短1時間融資。
・インターネット上で申し込みから返済が完結。
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。

アコム

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコム。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社に。
カードローンの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

[アコムのここがポイント!]
・初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロ。
・店頭や無人機など最短1時間で融資。
・インターネット上で申し込みや借り入れ、返済が完結。
・楽天銀行で24時間振込み融資可能。
・派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

モビット

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融。
借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKだが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていない。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[モビットのここがポイント!]
・ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示。
・本審査は最短30分。即日融資可能。
・インターネット完結の申し込み。来店不要、電話や郵便物なし。
・パート、アルバイトも申し込み可能。

アイフル

独立系消費者金融として長年、営業を続けているアイフル。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業している。
利用条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[アイフルのここがポイント!]
・初回30日間無利息。
・ホームページか電話の申し込みで、来店不要。即日融資可能。
・アイフルを利用したことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」アリ。
・女性専用ダイヤルで、希望額50万まで最短30分で審査結果がわかる。

 

 

各社を比較する中で、よりレイクの個性が見えてきます。銀行カードローンにしては、金利が4.5%から18.0%と高めであり、消費者金融とあまり変わらないという印象を受けるかもしれません。しかし、利用の仕方次第ではメリットの大きいカードローンとなっています。
特に以下の3つのポイントは、利用者にとって大きなメリットといえるのではないでしょうか。

 

◆レイクのメリットその1

「選べる2つの無利息期間サービスで、返済の負担が軽減される」
レイクをはじめて利用する場合には、選べる2つの無利息期間のサービスがあります。
それが、「30日間無利息」と「180日間5万円分無利息」。

 

「30日間の無利息」を適用すれば、例えば、50万円の借り入れ(金利18%、64回払い)を利用の際に、最初の30日の利息が軽減され、無利息期間なしと比べて、1万8000円以上の利息が浮くことになります。
これが「180日間5万円分無利息」の場合、5万円までの借り入れで、最初の180日の利息がかかりません。
どちらのプランを選ぶかはあなた次第です。
※この2つの無利息プランは、いずれも初回のみのサービス。

 

 

 

レイクの大きな特徴として、「30日間無利息」と「180日間5万円まで無利息」という2つのサービスからどちらか1つを選べるということがあげられます。このサービスがあるため、新規契約の人にとっては金利14%の他行のカードローンで借りるよりもメリットが出る場合があります。10万円を借りて翌月に返済してしまい、その後は利用する予定がないという人などにはおすすめできます。


 

 

◆レイクのメリットその2

「スムーズかつ豊富な手続き方法で、ライフスタイルに合った利用が可能」
返済と借り入れがスムーズに行えることもレイクのカードローンの強みです。
スマホ・アプリ・携帯電話を使って、HP上での申し込みや返済と借り入れができ、24時間申し込みが可能。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済まですべてを完結することもできます。
また、レイクATMやセブン銀行での利用手数料は0円で便利です。

 

 

 

レイクのもう1つの大きな特徴が、コンビニATM手数料が時間外も含めて無料ということです。カードローンで大きなお金を借りる人はあまりいませんから、借入と返済で手数料がかからないということは大きなポイントになります。例えば、1万円を一ヶ月だけ借りた場合ですと、金利14%でも金利18%でも利息の差はほとんどありません。しかし、借入時と返済時に手数料が108円ずつかかってきたのでは、合計で216円がかかります。このようなケースでは、利息よりも手数料の負担のほうが大きくなっています。

 

レイクでは金利が4.5%から18.0%となっているので、一見すると他行のカードローンよりも劣っているかのように思えますが、ATM利用手数料がかかる他行のカードローンよりもメリットが大きいケースもあります。給料日前に数万円だけを借りて、給料が出たらすぐに返済をしてしまうといったようなケースでは、ATM手数料が無料というポイントは大きなメリットとなるでしょう。


 

 

◆レイクのメリットその3

「スピード審査、即日融資OK」
審査から融資までの時間が短いこともレイクの特徴です。
レイクはカードローン業界でもトップクラスの「最短40分融資」が魅力で、先ほど記したように、実際にキャッシング融資を受けるための申し込みをする前に、インターネットなどで簡単な「仮審査」をすることで、融資の可能性を確認できます。

 

基本的には、カードローンは高額なお金を借りるのには向いていませんが、信用を上げて限度額を増額していけば、高額融資もできるようになっていきます。最終的には、限度額500万円、金利4.5%という好条件のローンが利用できるようになります。レイクは銀行カードローンなので、総量規制はかかりません。公務員や大企業の正社員など、属性の良い人なら年収の半分くらいの限度額まで上げられることもあります。将来的に高額なお金を借りることも考えているなら、限度額を増額していくようにするとよいかもしれません。

 

これ以外にも、新生銀行が運営しているので安心、女性専用のフリーダイヤル「レディースレイク」もあるなど、レイクにはメンタルの部分でも優位性が認められます。

 

特にとにかく借り入れを急いでいる人、カンタン&スムーズに利用したい人、カードローンが初めてで安心かつ安全に利用したい人にうってつけのカードローンが、『新生銀行カードローン レイク』と言えるのではないでしょうか。

 

>>>新生銀行カードローン レイク』公式サイトはこちら

レイクなら即日融資でも無利息期間あり

レイク無利息ローン

カードローンは、使い方次第では1円の利息を支払うこともなく利用することが可能となっています。それが可能となる金融機関としてレイクが挙げられます。

 

レイクでは、一定の期間無利息というキャンペーンを行っています。いくらお金を借りても、期間内に完済出来れば全く損をすることはありません。このような無利息期間を上手に活用することによって、給料日前の苦しい時期なども乗り切れるようになるでしょう。

 

レイクの良い点は、融資までのスピードと審査基準の甘さも挙げられます。収入が安定していない専業主婦の方やアルバイトの学生でも借りることができたケースは多々あります。審査に対して不安を抱いているのであれば、迷わず消費者金融系のカードローンを選ぶべきですが、その中でもレイクは特にオススメできる金融機関であると言えます。

 

即日融資可能ですので、緊急時にも対応することが出来ます。申し込み方法に関しては、ローンカードをすぐに受け取りたい場合は無人契約機を利用するようにしましょう。レイクの無人契約機は全国各地の至るところに設置されていますので、その場で全ての手続きを完了させることが可能です。ただし、無人契約機は人目にもつきますので、それが嫌な場合はインターネットからの申し込みを利用しましょう。

 

ローンカードはその日に受け取る事は出来ませんが、スマートフォンからでも簡単に申し込みができるのでオススメです。すぐに融資をしてもらいたい場合は、指定の銀行口座に希望金額を振り込んでもらうこともできますので特に心配は無用でしょう。

 

注意点としては、カードローンは基本的に金利が高めに設定されていますので、必要以上にお金を借りすぎてしまうことと、ダラダラと返済期間を延ばさないようにすることです。無利息期間を上手に活用できれば良いのですが、そうでなければそれなりに利息を支払うことになります。借りる期間が長引けば長引くほど多くの利息を支払うことになりますので、出来る限りそのような状態にならないように計画性を持って利用しなければなりません。無計画に使い込んでしまうと、最終的に法的な手段を用いて解決するほかなくなってしまうこともあります。そうなれば、弁護士や司法書士へ報酬を支払うことになりますし、ブラックリストに掲載されて一切のローンが組めなくなってしまいます。人生設計そのものが狂ってしまうことにもつながりかねませんので、十分に注意しなければなりません。

他社と比較するレイクの特徴とは

レイク無利息ローン

レイクの最大の特徴は、銀行のローンであることです。かつては消費者金融として独立していましたが、銀行ローンになったことで総量規制の対象外になったのです。以前は年収の3分の1以内の借入となり、年収300万円の方は100万円までしか借りられませんでした。しかし現在は、120万円の借入をすることも法的に可能なのです。現在でもレイクは消費者金融だと考えている方が多いですが、独立した銀行ローンになっています。

 

総量規制以外の部分に関しては、消費者金融時代と大きく変わっていません。限度額は1〜500万円、年率は4.5%〜18.0%です。昔と比べて金利が低くなったのは、利息制限法によってグレーゾーンが廃止されたからです。銀行ローンだから下がったのではなく、他の消費者金融全般も下がっています。大手の消費者金融の多くは、上限金利を18.0%に設定しています。

 

利用可能年齢は満20歳〜70歳となっており、上限年齢は他社よりも高い傾向があります。一般的に利用可能な上限年齢は65歳前後に設定されたローンが多いのです。70歳まで利用できるローンは、年齢面ではかなり優遇されていると考えていいでしょう。

 

職業・雇用形態に対しても幅広く対応しており、パートやアルバイトの方も申込できます。キャッシングの利用条件は安定収入ですが、パートやアルバイトで収入を得ている方も安定収入に該当します。毎月同額の収入を得る必要はなく、少ない月があっても大丈夫です。大切なのは自分が無理なく確実に返済できる金額を借りることです。返済計画で失敗してしまう理由のほとんどは借りすぎにあります。借りすぎなければ返済で困ることもないのです。レイクは1万円の少額から融資してくれるのが特徴であり、利用枠を10万円に抑えつつ、その範囲内で利用するという使い方もできます。安全に利用するためにも、借りすぎない工夫をすることです。

 

担保・保証人も他社と同様に不要であり、自身の属性・スペックを基準として申込します。あくまで自己責任での借入となるため、家族にローンの利用を知らせる必要もありません。ただし、借りたお金を複数人で利用するような状況ならば、相手にも伝えておいたほうがいいでしょう。例えば、ローンで生活費の一部を補填していることを伝えれば、家族全員に節約意識が芽生えてきます。

 

返済方式はリボルビング返済であり、他社と同じく随時返済も可能です。返済期間を短くすることで利息を減らし、さらに信用力も高めることができます。次回の借入において有利となり、金利優遇の適用を受けられる可能性もあるでしょう。

更新履歴