レイクALSAの独自サービスってどんなのがある?

レイクALSAは銀行のような金融機関と異なって独自のサービスを提供している消費者金融のことを意味します。独自サービスの一環としては季節や期間を限定して無利息の融資を提供していることもありますし、場合によってはその期間を延長してくれることもあります。

 

具体的になぜこのような審査やサービスの違いが存在しているのでしょうか。それは、根本的に銀行と貸金業者では依存している法律的な根拠が全く違っているからです。銀行は、その名前の通り銀行法という法律に従って色々なサービスを消費者や法人に対して提供することができる立場にあります。例えば、消費者や法人専用に口座を開設してお金を預かることができます。実は、こうしたお金を預かるというサービスも法律的な規定によってそのようなサービスが認められているから行うことができるのです。投資に関連する金融商品も金融機関は提供できますが、これも全く同じです。一方で、貸金業者である消費者金融ではそのようなサービスを提供することはできません。

 

これは、法律によってそういったサービスを提供することを認められていないから提供することができないようになっているわけです。社会に存在するあらゆる企業や会社は、全て何らかの法律的な基準に依存しなくてはいけないので、業種によって依存している法律がそうしたサービスを提供することを認めていないのならば、たとえ同じようなサービスを提供しているように見えたとしてもサービスを提供することは許されないのです。そのため、銀行のカードローンと貸金業者のカードローンは明確に違うサービスであると断言できます。

 

この点から見ても、レイクALSAは利用によって銀行よりのものと貸金業者よりのものに分かれていますのでこの違いをしっかりと認識しておく必要があります。